玄関の屋根のことなど全く考えてなく、業者が出してきたものを一つ一つ明確に確認できていなかった。

業者がパッと間取りをだしてくるとコンセントの位置や部屋の位置に目が行きがちだが、窓の位置、窓の種類、棚の位置、使う用途を生活の1から考えて、玄関から帰って何をしてどうすると便利がいいか見るべき。

どうしてもやりたいとこが上手く間取りになっているとこれでいい!と思いがちになつまてしまうので注意が必要である。

あとは部屋の間取りは柱の位置や階段の位置など家具を置いた時のことを考えて、決めて方がいい。

家具を置いてないと広く感じるが、柱の位置によって家具を置くと、通るスペースが思ったより狭く、広く感じられずに不便を感じることがある!注意するポイントを押さえて決めることが必要だ。

あとは家電の大きさや種類によって思ったより壁がない、壁の位置によってテレビを置く場所が決まり、そうするとソファ置く位置が決まり、上手く広く部屋を使えないことがあるので窓の位置も大事である。

家族だけ、人が来た時のことも考えて間取りをチェックしなければ生活してみて、不便を感じることがあるので注意が必要だと思う。

間取りだと数字で書いてある長さや広さはわかりづらいのでだいたいこれくらいか、と確認も必要だ。

参考:成田市 新築一戸建て

カテゴリー: 未分類